まなびwith

まなびwith(年少コース)とポピー(年少・ももちゃん)を比較してみました!

まなびwithとポピーももちゃん比較

幼児向けの通信教育はいくつかありますが、どれを受講させれば子どもに合うのかわからないですよね。

「どれを受講させれば効果が出るんだろうか・・・、子どもが飽きちゃわないかな・・」と悩んでいませんか?

本記事では実際に「まなびwith年少コース」と「幼児向けポピーももちゃん」を受講している私、カナがそれぞれの教材を比較してみます。

この記事から分かること

まなびwithとポピーの下記を比較しました。

  • 価格について(月額と、12ヶ月一括払いについて)
  • 郵送されてくる内容物について
  • DVD教材は付いてくるの?
  • メイン教材の内容と大体のページ数について
  • 最後にまとめ

どちらの教材も一長一短の特徴がありますので、お子さんの成長速度に合っている方を選んであげて下さいね^^

結論から言えば、2歳~3歳時期で勉強内容を先取りしているのが「まなびwith」、すこしゆっくり目ですがコスパに優れているのが「ポピーももちゃん」といった構図となっています。

ちなみに私はこどもちゃれんじぽけっとも合わせて、3つの通信教育を受講していますので、それぞれの特徴、合うお子さん、合わないお子さんが大体分かっています。

3分程度でさらっと読める記事ですので、是非読んで下さいね^^

それではいきましょう!

まなびwith(年少コース)とポピー(年少・ももちゃん)を比較してみました!

それぞれ二つの教材ともに、現時点での最新号である2019年11月号を取り上げて比較してみます!

まなびwith(年少コース)とポピー(ももちゃん)の受講費を比較

受講費を比較してみます。

月額の会費を毎月払いした際の費用を比較

教材名月額の受講費(税込)
まなびwith(年少コース)2,268円
ポピー(ももちゃん)980円

受講費を比較したところ、ポピー(ももちゃん)の方がまなびwithの料金と比べ、半額以下という結果となっています。コスパがめちゃくちゃ良いですね。

それでは12ヶ月分の一括払いをした場合はどうでしょうか。

教材名12ヶ月分一括払い(税込)
まなびwith(年少コース)24,948円
ポピー(ももちゃん)980円×12=11,760円

分かってはいましたが、ポピーの方が圧倒的に安くなっています。まなびwithの受講費の半額以下という驚きの安さです。

カナ
カナ
価格の比較に関してはポピーが勝利です!

↓↓↓幼児向けポピーはコスパが抜群↓↓↓

まなびwith(年少コース)とポピー(ももちゃん)の送付物を比較

次に送付物を比較してみます。ここでは教材以外の部分に注目をしています。

チラシは多いのか、はたまたおもちゃが多いのか、などなどです。

送付されてきた内容物の比較

まなびwith(年少コース)からの送付物

  • メイン教材11月号
  • おはなしまなぼうず(付録絵本)
  • キャラクターのお名前募集チラシ
  • 「まなびwith年中コース」の早期登録キャンペーンチラシ
  • 保護者向け情報誌「おやこブック」

ポピー(ももちゃん)からの送付物

  • メイン教材ももちゃん11月号
  • あったかプレゼント(付録の絵本)
  • 保護者向け情報誌「ほほえみお母さん」
  • 年払い・半年払いがクレジットカードで支払えるお知らせチラシ

比較した結果、どちらも郵送されてくる内容物に大きな差はありませんでした。

メイン教材に加えて、付録の絵本、そして保護者向けの情報誌が1つに、チラシが1つ~2つ。

他の記事でこどもちゃれんじぽけっとを比較しているのですが、こどもちゃれんじぽけっとは広告チラシが大量に入ってきます。その点、まなびwithとポピーももちゃんはシンプルな内容であると言えますね。

カナ
カナ
内容物の比較は、両者シンプルなのでドロー!

まなびwith(年少コース)とポピー(ももちゃん)のDVD教材の比較

DVD教材を比較してみます。

教材名DVDはついてくる?
まなびwith(年少コース)DVD教材は3ヶ月に一度
幼児向けポピー(ももちゃん)DVDは無い

DVD教材はまなびwithが3ヶ月に1度送られてくるのに対して、ポピー(ももちゃん)にはDVDは付いてきません。

カナ
カナ
単純な比較として、3ヶ月に1度DVDが付いてくるまなびwithが勝利とします!

↓↓↓無料お試しで貰えるDVDは見なきゃ損ですよ!↓↓↓

しかし、ここだけの話、まなびwith(年少コース)のDVDの内容は無料お試しで貰えるDVDのクオリティを超えてこないと感じていますw

まなびwithとポピーのどちらかを受講しようと悩んでいて、「無料お試しのDVDが良かったからまなびwithにしよう!」と決めるのはお勧め出来ません。。w

両者の比較では、DVD教材はおまけ、程度で考えていいと思います。

 

まなびwith(年少コース)とポピー(ももちゃん)の教材を比較

教材を比較してみます。まずはページ数から!

教材名メイン教材のページ数
まなびwith(年少コース)63ページ
幼児向けポピー(ももちゃん)35ページ

ページ数はまなびwithの方がボリューム有りですね。

それでは肝心の教材の中身を比較します。

教材の内容を比較

まなびwithの教材内容と大体のページ数

内容・学習のテーマなどページ数
秋の自然、植物図鑑(発見を増やす)2ページ
生き物の図鑑を作ろう(言葉を増やす)2ページ
めいろ遊び(えんぴつの練習)2ページ
うさぎと猫を観察(発見を増やす)2ページ
「やゆよ」を見つけよう(平仮名)2ページ
同じ形、色をあつめよう(○△◇)2ページ
こうえんで仲良くあそぶ2ページ
おでんを配ろう(○△◇)2ページ
おおい・すくない2ページ
数字をなぞろう(数とえんぴつの練習)2ページ
「やゆよ」を見つけよう2(平仮名)2ページ
まちがい探し2ページ
どんぐりマラカスを作って遊ぶ(工作)2ページ
ねこになってお話ししよう(ことば)2ページ
おおいほうを選ぼう2ページ
平仮名をなぞろう1(「い」と「こ」)2ページ
ひらがなカードで名前を作ろう2ページ
いくつあるかな?(数をかぞえる)2ページ
じゃんけんあそび2ページ
生き物の図鑑を作ろう2(言葉を増やす)2ページ
同じ野菜はどれ?(形に親しむ)2ページ
平仮名をなぞろう2(「う」と「り」)2ページ
誰が書いた形かな?(言葉を増やす)2ページ
おはじきを集めよう(仲間集め)2ページ
いわしのひらき(手遊び歌)2ページ
いいないいなあのおうち(ただの絵本)10ページ

ポピー(ももちゃん)の内容と大体のページ数

内容・学習のテーマなどページ数
ももちゃんの絵描き歌(お絵かき)2ページ
みどりちゃんの葉っぱ(秋を感じる絵本)12ページ
背伸び(バランス感覚)2ページ
外から帰ったらなんて言う?1ページ
これなーんだ?(ハサミを使う絵本)3ページ
ふねこぎ(遊びうた)2ページ
5匹のこぶた(親子のふれあい遊び)2ページ
おかしのおうちと汽車ぽっぽ(シール遊び)2ページ
オオカミが狙ってる(手遊び)4ページ

まなびwithはボリュームが凄いですね。

ボリュームだけでなく、ポピーと比べると先取り学習が出来る内容となっています。

数、ひらがな、ハサミ、えんぴつ、といった内容がまなびwith(年少コース)では取り入れられているため、少し先のことに挑戦したい!というお子さんにはぴったりだと思います。

それに対してポピー(ももちゃん)の内容は、親子で遊びながら(ふれあいながら)少しずつお勉強をしていく内容となっています。身体を動かすふれあい遊びが取り入れられているのがまなびwithには無いところです。まなびwithと比べて、少し幼い子向けの印象を持ちました。

カナ
カナ
ボリュームと先取り学習のまなびwith(年少コース)、親子のふれあい遊びから学習するポピー(ももちゃん)。どちらも特徴があって、お子さんの成長に合わせて選ぶのが良いと思います。どちらも優れているので、お子さん次第といった感じです!

まなびwith(年少コース)とポピー(年少・ももちゃん)徹底比較のまとめ

それではまなびwithとポピーを比較した結果をまとめてみます!

徹底比較のまとめ
  • 月額の受講料の比較:ポピーの圧倒的勝利
  • 12ヶ月分一括払いの会費比較:ポピーの圧倒的勝利(差額1万円以上)
  • 郵送されてくる内容物の比較:どちらも広告は少なく、ムダが無い。
  • DVD教材の比較:3ヶ月に1度ついてくるまなびwithの勝利!
  • メイン教材の比較:先取り学習のまなびwith、親子ふれあい学習のポピー、どちらも良い!

徹底比較から分かった結論

お子さんの成長速度次第です。

保育園などに通っていて、ハサミもえんぴつも、ひらがなも興味あり!というお子さんにはまなびwithが良いと思います。

まだえんぴつやひらがな、数字は早いよ、と感じているお子さんにはコスパ抜群のポピーが良いと思います! 費用が安いため、浮いたお金で書店などで補助教材を買うなどするのも有り!

どちらの教材も無料のお試し教材が貰えますので、本記事と併せて、無料お試し教材を確認してから選ぶのが良いと思います。

\\無料お試し教材はこちらから//まなびwith公式サイトから無料お試し教材をチェック!

ポピー公式サイトから無料お試し教材をチェック

 

また、ポピー×補助教材戦略をとられる方は、ひらがなや数字の学習ドリルも良いですが、Goomiesなどの幼児向け英語教材を取り入れるのもいいかと思います。

是非是非参考にして頂けたら嬉しいです。

以上、カナでした^^