共働き夫婦の時短あれこれ

共働きで疲れた、生活にムカつく、辛いあなたへ。家事を時短する3つの方法

共働きで疲れた、生活にムカつく、辛いあなたへ。家事を時短する3つの方法

「平日は忙しくて家事になかなか手が回らない」

「週末にもっと自分の時間が欲しい」

と悩んでいるあなたに向けて、週末にサクッと出来る時短家事をまとめてみました。

家事には時間と手間がかかるもの・・・、というのは単なる思い込みに過ぎません。

ちょっとしたコツと、心の持ちようで誰でも短時間で楽チンに家事を終えることができますよ!

共働きで疲れた、生活にムカつく、辛いあなたへ。家事を時短する3つの方法

この記事では下記3つのことを書いています。

家事を時短する3つの方法
  1. 共働き家庭は、服を脱ぐときから洗濯が始まっていると認識せよ
  2. 共働き家庭の部屋の片付けのコツは、「モノを減らす」こと!
  3. 共働き家庭こそ疲労度にあわせた「一点集中家事」がうまくいくコツ

それではいきましょう!

共働き家庭は、服を脱ぐときから洗濯が始まっていると認識せよ!

洋服を脱ぐときは、白いもの、色柄のもの、汚れのひどいもの、手洗いのものなど、脱いだ時に仕分けするように工夫をすると洗濯をするまえの仕分け作業が楽ちんになります。

カナ
カナ
洗濯機の横に仕分け用のカゴを必要分用意するだけ。我が家のカゴはダイソーで買いました!

ブラウスやシャツのボタンを止めてから洗濯している、という方は、脱いだときにやっておきましょう。

いざ洗濯機を回す!という時に、楽を為るために「習慣化」することを目指してください。

シミや汚れが付いたときは、その場で応急処置をすると後が楽ちん

洋服にシミや汚れが付いたときは、すぐに処理することが大切です。

ついたばかりだと取れる汚れも、時間が経つにつれて取れにくくなるからです。

ジュースやお茶などの水性のシミは、濡らしたハンカチかティッシュで軽くたたいておくだけでも良いです。

ドレッシングやバターなどの油性のシミは、乾いたティッシュで摘み取るようにしましょう。

共働き家庭の部屋の片付けのコツは、「モノを減らす」こと。

我が家は保育園に通う息子くんと、私と夫の3人暮らし。

平日はなかなか家事をする時間が取れず、週末に片付けても、翌週の木曜・金曜頃には部屋にはモノが散乱した状態になってしまっています・・。

そこで、毎週末の片付けとあわせて、「モノを減らす」ことも実践し始めたら片付けが楽になりました。

片付け上手、掃除上手の人はおそらく基本的にモノが少ない生活をしています。

モノが少ないと収納場所も余裕を持って確保でき、パッと見ただけでどこに何があるかがわかります。

必要なモノがあるべき場所にあるので、整理整頓が簡単でいつもスッキリ。モノが少ない分汚れも溜まりにくく、わざわざ移動して掃除をする苦労もなくなります。

カナ
カナ
何より掃除が楽ちんでモノが少ないことは時短にもなります♪

共働き夫婦がイライラするのは、モノが溢れすぎているストレスかも

私は、共働き夫婦がイライラして喧嘩してしまう理由は「モノが溢れて部屋が散らかっているから」だと思っています。

モノが溢れないようにするためには、今あなたが住んでいるお家の「収納スペース」を把握し、収納スペースのキャパ90%程度のモノだけを持つようにしましょう。

部屋を見渡してみてください。

収納スペースに納まる量のモノですか?

溢れるほどのモノがあるとしたら、少しずつ断捨離を始めましょう。

定位置、定番、定量のルールを決めると尚良い

定位置:モノの住所を決めましょう。

家族みんなが分かるように共有してくださいね。そして使ったら必ず「決まった住所に戻す」ということを習慣化してください。

定量:いくつ持つか決めましょう。

スーパーなどの特売でつい不要なモノや余剰なモノを買いすぎていませんか?

家の中に「決めた数」しか置かないことにしましょう。

カナ
カナ
私は靴を買うのが好きで、以前は靴が溢れていました。けど、靴は6足まで!と決めて、新しいモノを買ったら一つ捨てるように決めました。

定番:マイルールを決めましょう。

バスルームやトイレなどのタオルも色や素材を決めておくと統一感がでます。

色はごてごてした花柄では無く、ホテルのようなすっきりした綿素材の白と決めておけば、部屋もすっきり。

白は汚れが目立つので、その汚れがあなたの洗濯時期を教えてくれますので、いつも清潔感が保てます。

食料品などは銘柄を決めておけば、買い物に時間がかからず簡単です。

同じものばかり口にする心配があれば、数ヶ月ごとに銘柄を変えるのも一案です。

共働き家庭こそ疲労度にあわせた「一点集中家事」がうまくいくコツ

短時間に家事をこなすためには、一点集中をおすすめします。

あれもこれもやりたいと気ばかり走って、色々な家事に手を付けた挙句、全てが中途半端になると、時間も労力も消費してしまいます。

そして疲労感だけが残ってしまい、家事嫌いになったり、ストレスが溜まってしまいます。

家事を効率よくこなす最大のポイントは計画的に、少しずつ、一点集中でやることです。

そのためには、やらなければいけない家事、気になる家事をリストアップし、時間の範囲で出来る家事をルール化してしまうことです。

最初は面倒でも、何週か繰り返しているうちに、あなたの身体にやるべき家事がいつのまにか身についてくるでしょう。

カナ
カナ
仕事がハードで疲れている週末は、テーブルやキッチンを「拭くだけ」の掃除に徹するとかです。それだけでも家事をやったという安心感が生まれます。

「時間をかければキレイになる」は思い込み。時短家事は15分が一区切り

時間をいくら掛けても、家事にゴールはありません。

時間をかけたからといって、キレイになるとも限りません。

カナ
カナ
とくに大切な週末は、ひとつの家事にかける時間は15分が目安です。余った時間はあなたと家族の心の充実のために使いましょう。

15分だけ、と時間を決めておけば、同じ作業をダラダラと長時間することもありませんので気持ちも身体もラクラクで行なうことができます。

例えば、あと15分後にお客さんが来る・・・!という状況を想定してください。

さて、どこから手を付け、どこをポイントに片付けをしますか?

たった15分でも集中して取り組めば意外にもキレイに片付けが出来るものです。

初めのうちは15分でパッと片付ける練習だと思って、緊張感をもって試してみるといいでしょう。

 

おわりに

この記事では簡単なコツを紹介しました。

楽しい家事は時間をかけない上手な家事です。

家事がラクになれば、毎日の生活が心豊かになり、家事も仕事も上手にこなすことができ、きっと人生が生き生きと輝くことでしょう。

これからも時短家事に関する記事を書いていこうと思いますので、また読みに来ていただければ嬉しいです。

以上!カナでした!